~ Happy.Smile.Life~☆私の宝物 ☆

ダックス3ワンズを中心にいろんなお話をゆるゆると書いてます。 のんびり、ゆっくり★my life (^^♪

カテゴリ: ☆ ヘルニアなんかに負けないぞ!!

くぅが胸椎ヘルニアになって
1週間が経過しました。

胸椎ヘルニアの闘病の様子を
記録として残したいと思います。



3月14日の5歳の誕生日の夜に
くぅの為に購入した馬肉を
ご飯の時にあげていました。
もちろん、ソックスにもミトンにも
ご馳走してましたよ。
がっついて食べてるソックスが
フードを散らかしながら食べていた
ので、それを片付けていた
そのちょっとの瞬間に
思わぬ事件が起きてしまったんです。


先に食べ終わったミトンが、
あろうことかくぅの馬肉を
横取りしようと顔を噛んだんです!
突然のすごい悲鳴に振り返ると、
身をひるがえして
くぅがリビングにいた娘の元に
逃げて行く姿が見えました。

娘の膝に乗っても鳴き声をあげて
震え続けるくぅ。
すぐに顔や体チェックし、
怪我がないことを確認するも
小さな声をあげて鳴いています。

ミトン!と叱ると
本人は悪い事をしたと分かっている
らしく、お腹をペロンと見せて
ごめんなさいのポーズをしてました。

その後もくぅはやたらと
抱っこをせがみ、
そんなくぅを見て一抹の不安が
よぎりました。

嫌な予感は的中、
異変が起きたのは真夜中。
トイレに行こうとするも歩けなく
なってしまったんです。
慌ててナックリングと
痛感のチェックをすると、
鈍いながらも反応はあり。
首の動きのチェック、
頚椎をやられている場合、
首が上下左右あまり動かせなく
なってしまうんですが、
頚椎は大丈夫そうでした。
痛みがあるのか、小刻みに
震え続けてます。


朝まで待って
まだ時間前でしたがソックスの
ヘルニアでお世話になった
本〇〇動物病院にTel
様子を話すとすぐに連れて来て下さい、
とのことで急いで行きました。


行くと院長先生が待っててくれて
すぐ診察になりました。
身体をくまなく調べてくれて、
頚椎の状態も入念にチェック。
レントゲンを3枚撮り、
椎間板のどこに問題があるのかも
詳しく説明してくれました。

ミトンの思わぬ一撃により、
驚いて逃げる時にヘンな風に
胸椎部分に圧がかかって
しまったようでした。
軽度のヘルニアで済んでるので
内科的治療だけで済むだろう、
との診断でしたが、
ただ、ヘルニアは初期症状が軽度でも、
時間経過でいきなり重度に至る
ケースもあるので、
万一の場合、何処でMRIを撮り
手術をするかなども含めての
話もしました。


胸椎部分にレーザーを当てる治療で、
だいぶ痛みも緩和したようで
治療が終わる頃には身体の
震えも止まっていました。


ナックリングもあり
立つこともできず、
昨夜オシッコをしてからずっと
出ないままだったので、
膀胱に尿が溜まってるみたいだったから
院長先生に絞り出してもらうと
少しだけ出ました。
院長先生曰く、
ソックスの時のように神経障害が
あって自力排泄ができないほどの
状態にはなっておらず、
膀胱を絞ろうとすると、
かなり抵抗してる感じがあるから、
レーザー治療で痛みがなくなれば
自力排泄もできるようになりますよ、
とのことで、家に戻ればホッとして
ちゃんとオシッコできるんじゃないか
との見解でした。 
ただ、犬の場合3日排尿しないと
危険なので、明後日の(木)に
また連れてくるように言われました。


1週間分のステロイド剤と
ビタミン混合剤が処方され、
ステロイド剤が効いてくれば(木)には
痛みがなくなってるだろう、との事。
但し副作用も出る薬なので、
連続投与はしない方向で
やっていきましょう、と
副作用についても細かく教えて
もらえました。


1時間以上も丁寧に診察をしてもらえ、
次回の予約を入れて帰りました。




帰宅すると安心したのでしょうね、
院長先生の言うように
大量のオシッコがでました。
立てないのでその場で
垂れ流しのように排泄するので
後始末はちょっと大変にはなりますが、
自力排泄できてホッとしました。




内科的治療で早く治って
元気になってほしいな~

今しばらくゲージ生活
我慢してね。


最近のお気に入りになってるシンボルタワー公園で

ソックスの走る様子をiphoneで撮りました。

重度のヘルニアから手術、そしてリハビリと、

全く歩けない状態だった仔が奇跡的にここまで

回復することができ嬉しいかぎりです。


左足に障害と排尿障害は残ってしまったけど、

ソックスが生きていてくれるだけで充分幸せ。

障害なんてドンとこいです!!


今回はNHKのアプリを使って、

プロフェッショナル風の動画を作りました。

ダックスにとってヘルニアは宿命的な病気ですが、

リハビリを諦めずに続ければ

また自分の足で立って歩ける日がくるんだと

ソックスに教えてもらいました。


ヘルニアでリハビリ中のワンコさんと飼い主さん、

たとえ歩けなくなっても諦めず、へこたれずに、

頑張って下さい。

奇跡はおきますから。。。



短い動画ですが、見てくれた皆さま

ありがとうございました。







2015年、私にとってはソックスのヘルニアの

リハビリに始まり、リハビリに終わる、
そんな1年でした。

昨年の12/29に緊急手術をし、

お正月どころじゃない慌ただしい年明けとなりました。


慣れない介護生活も全力で頑張りました。


犬用のオムツはコスパが高くて


ライフリーで代用したり、オムツのズレ
防止に1番いいのは…なんて

無い知恵絞って考えたり、悩んだり…。


歩けないソックスが少しでも不自由なく


暮らせるように、何をすればいいのか、その都度その都度考えてました。




歩けないまま季節だけが無情にも移り変わり、術後半年目の検診では、


車椅子も視野に入れて先々考える必要があるかもしれない…と。


そうかもしれない、でもまだソックスが諦めてないのに車椅子を

用意するなんて…  ずいぶん葛藤がありました。




カートでの散歩や、抱っこしての散歩では、事情も知らない見知らぬ人から


甘やかしてるだの、過保護だの、犬なら歩かせろだの、色々な言葉をわざわざ

言う人がいて、その度に腹ただしい思いをして「何も知らないくせに!」と怒りが

込み上げることもありました。




何時もいつもソックスの後ろ足をマッサージしたり、モミモミしたり、


寒くないか、暑くないか、排尿障害で自力排泄ができないから膀胱の

溜まり具合を見計らっては圧迫排尿させて…


それでも膀胱炎にならないかと、尿の匂いや状態のチェックをしたり…


動けないから床ずれ起こさないように


こまめに位置を変えて、血行促進の為に温めたり…


あの頃は大学ノートにびっしりと介護日誌をつけていました。


でも何よりも、ソックス自身が頑張る気持ちをもち続けて、リハビリ頑張ってくれたおかげ。

他の子達がお構いなしにじゃれ付いてくれた事も良かったみたい。


一人っ子だったら大事にし過ぎて、身体を動かすこともなかったかもしれない。


多頭飼いで助かりました。

そして高度医療で手術をしてくれた日本動物高度医療センターの

松永悟先生のおかげです。



8月には奇跡的に歩けるようになって、


普通の散歩はもうムリかも…って言われてたのに散歩できるまでに

回復してくれて、本当に嬉しい限りです。




今年のお正月は、ゆっくりテレビを見たり、お餅を食べたり、初詣に行ったり、

そういうことができる状況ではなかったのですが、新しく迎える新年は穏やかに

迎えられることと思います。



12月の記録です。



 今日は朝イチからもう1つの古くからのかかりつけ医で、

ワクチン接種とヘルニアの経過検診をしてもらいました。




ソックスの担当は優しい森のくまさんの
ような見た目の院長先生です。

こちらの病院は先生を指名できるの。


うちはヘルニア経験の豊富な院長先生に
いつも診て頂いてます。


イメージ 1



記録としてつけます。

体重は、4.76k
心音、体温ともに異常なし
身体的なチェック、すべてOK

ヘルニア検診では経過回復は良好で、夏にチェックした頃よりも、後ろ脚の

筋肉もついて、ナックリングも痛感チェックも共に異常なし。


ただ、筋力は前よりも戻ってきつつある
もののまだ弱く、

後ろ脚で体重を支えきれない為に前脚に体重をかけているので


お散歩で小走りをするんだと言われました。


「ゆっくり歩くと前につんのめりそうになるので、小走りした方が本人的に動きやすいからでしょう…

筋力をつけるには歩かせるよりも、まず立たせる練習をすること。
お尻の辺りを軽く支えながら1分ほどでいいので家の中で繰り返し立たせる。
そうすれば自然と筋力もついてくるからお散歩もゆっくり歩くようになりますよ。」


と言うことで、まだまだ回復できる状態であるとの言葉に嬉しくなりました。


お散歩も今の足の状態では短い時間でもかなり疲れてしまうから、

お散歩するというより歩くリハビリをしていると捉えた方がいい。


本人が疲れたら抱っこ散歩でいい。


寒い日は無理に外に出さなくてもいい。


家の中でリハビリしてあげて下さい、
とのこと。



あと、新しくできた近所の動物病院の
先生から、

ソックスの障害のある後ろ脚が内側に骨が曲がってきている、と指摘をされた

ことが前にあったので心配になりそれも聞いてみました。


すると、診察台に立たせると爪先の向きが正常の状態になるので、

もし骨が本当に曲がってきてるならこんな状態には

痛がってできなくなるはずです。


内側に曲げてるのは骨が曲がってるんじゃなく、爪先を内側にした方が

今のソックスには力をいれやすい、立ちやすいからだと。


障害があるから普通通りにはいかないんですよ。


こちらも筋力の回復で、そのうちしなくても立ちやすくなればしなくなるから


問題視することではないとの事で、
ホッとしました。


ワクチン接種では、従来通りに5種混合を希望していましたが、

ワクチンの入荷が滞っているのでメーカーを代えて、別のメーカーのワクチンを

使用しますがいいですか? と丁寧に説明
してくれて、

今回から6種混合を打ちました。


ヘルニア検診でも異常もなく、一安心。

ヘルニアには冷えが大敵というので、


家では起きてる時も寝る時も部屋着を
着せてると話したら、

ダックスは寒がり屋が多いですからね~


部屋着はいいと思います。と笑顔で話して終了しました。



あんなに丁寧に検診して頂いたのに、

会計ではワクチン代と再診料の500円しか


請求されなくてビックリ。


新しい動物病院ならあり得ないことだと
思いました。

おまけに、来年度のカレンダーも頂いて帰りました。




ボク、順調に回復してるから安心してね。


イメージ 2





読んでくれて、ありがとうございました。

9月の記録です。



 秋晴れの爽やかな陽気の日、

くぅはサロンで初のマイクロバブルの日 

サロンに預けている間、

ソックスとミトンを連れてお出掛け。

次女がサックスの練習を海でしたいと

言うので、横浜港シンボルタワー公園へ

行って来ました。


ウキウキのソックスは箱乗りです。

ずっと箱乗りしてたわけじゃなく、調子に乗り出したのですぐに

止めさせましたので、ご安心を…


イメージ 1




人もまばらにしかいなくて、

サックスの練習するにはいい場所を見つけ

次女が吹いてる間に散策をしました。



イメージ 2




ヘルニアの手術から9/30で

9カ月目になりました。

日に日に足取りもしっかりしてきたので

皆さんにソックスの様子を見て頂きたくて

動画を撮ったので良かったら

見てやって下さいね。↓



http://youtu.be/9IgGbMxBRWQ



突然の発症で症状も重く、自力排泄、

自立歩行ができずに、圧迫排尿とオムツ

でリハビリしていたのが 嘘のように

奇跡的な回復を見せてくれました。

スゴイでしょう \(^o^)/

歩いたり、走り回ったり、すごく嬉しそうで、

こんな姿が見れて本当に嬉しい!

自由に歩ける日がきて感激するばかり。

前は少し小走りする程度だったのが、

今ではこちらが追い付かないくらいに

走れるようになったの 

スッゴ───(p゚∀゚q)───ィ♪

左足の障害は残ったままだけど、

でも前より足取りもしっかりしてきたでしょう 



ミトンと一緒の歩いての散歩は 初めてだね~♪

ミトンもソックスと走りっこができて

とっても楽しそうでした。

しつこく続いたナックリングも治ったから、

もうアスファルトの上も歩けるように

なったんですよ。

これも辛かったリハビリを頑張り抜いた

おかげだね、ソックス ♪

そして歩けるようにしてくれた

日本動物高度医療センターの松永先生に

感謝するばかりです。



イメージ 3



次女も潮風に吹かれながらサックスの

練習ができて良かったみたい。




イメージ 7




木陰にしてた松の木が

とっても大きくて立派だったのでパチリ

人と比べてみてその大きさが分かるでしょうか…

イメージ 4





空を見上げたら、ナミナミ雲がたくさん出てましたよ。

すごいナミナミだよね~

イメージ 5








横浜港には多数の船が出入りしているので、

これらの船が安全に行き来できるように

情報や信号を船に送るのがこちらのシンボルタワーの役目です。

写真上が、横浜ベイブリッジです。

シンボルタワーの展望台に昇ると、横浜港が一望できます。

写真中央がシンボルタワーと、

展望台から見た千葉県木更津方面

写真下は、シンボルタワー公園と海釣り公園

神奈川県三浦半島方面

イメージ 6




横浜港にはたくさんの外国からの

コンテナ船、オイルタンカー、フェリー

一般貨物船、LNG船、外航客船、

巡視船、海上保安船、など様々な船が行き来しているんです。


こちらのシンボルタワー公園では、

カナブーンの 「ダイバー」って曲のPVに使われてるんだそうですよ。




イメージ 8






隣に隣接する海釣り公園で

釣竿がレンタルできると聞き、釣りでもして帰ろうか…と思ったら、

ワンコはNGというので残念 

帰宅してからソックスとミトンをシャンプーしました。



夕方、サロンから電話がありくぅをお迎えに行きました。

初のマイクロバブルはどうだったかな?

おとなしくしていたようでした。

最後にくぅをパチリ 薬浴もしてサッパリ お疲れ様でした 

イメージ 9



今度は3ワンズで行こうね~♪

 

このページのトップヘ