~ Happy.Smile.Life~☆私の宝物 ☆

ダックス3ワンズを中心にいろんなお話をゆるゆると書いてます。 のんびり、ゆっくり★my life (^^♪

2016年04月


熊本地震の余震はまだ収まる様子もなく、大分県も含めてたくさんの方々が
避難を余儀なくされています。
1日も早く終息することを祈るばかりです。

運送関係も一部を除いて再開されたようです。
支援物資も現地に届いてはいるものの、人手不足や行政が円滑に廻っていない事
などもあって、中継地点で山積みにされてたり、配布できずにたくさんのおにぎりが
破棄されてる報道を見て胸が痛みました。
避難されてる全ての必要とする方々の元へ届いていないなどの様々な
問題点も多々あるようです。

被災地が抱える問題点の中の1つに、ペットとの同行避難の厳しい現実があります。
たくさんの被災された飼い主さんを悩ます問題になっています。
現在では熊本市内のすべての避難所で動物の同行避難が
認められるようになったものの、
まだまだ先の見えない避難所での生活に、被災者の方々の心労も極限状態の中では
動物 < 人命 となるのも仕方がないことかもしれません。

いくら屋内に入らずに学校や公民館などのグランドなどの離れた場所に
テントを張っていても、普段と異なる環境から犬も落ち着かずに吠えてしまったり、
犬同士の鳴き声などでうるさい、臭いがする、などの苦情もあったり、
「動物は連れてくるな!!」と非難の言葉を浴びせられたり・・・
犬が嫌いな人、アレルギーのある人、貴重な飲み水を犬にやるな!!という方など、
飼い主さんにとっては居ずらい状況でもあります。
その為に避難所に行けずに、車中泊されたり、家が倒壊でもしない限りは家で、
という選択をされてる方も多くいらっしゃるようです。


でも飼い主にとってはかけがえのない大事な家族、一緒にいたいと思うのも
当然の気持ちですが、まだまだペット連れの避難については
行政も行き届いていません。
東日本大震災の時と何も変わってないんです。
5年も経ってるというのに、何も教訓にできてないお役人仕事。。。

行政はペットと避難する際に備えて、普段からキャリーに慣れさせる、
無駄吠えをさせないよう躾を徹底させる、などとしていますが、
実際に避難する状態になると、行政側の準備が出来ていない為に
ペット連れは行き場を失ってしまうんですよね。

そんな中で熊本市内にある動物病院が、行き場に困ってる飼い主さんとペットに
救いの手を差し伸べてくれました。
ご存知の方もいるかと思いますが紹介致します。
熊本市中央区にある「竜之介動物病院」
イメージ 1
イメージ 5
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
SNSでこちらの動物病院の取り組みを知り、近々タオル、毛布等の支援物資を
送ろうと準備しているところです。

熊本地震では義援金の募金も日本赤十字を始め、様々なところが募金を
募っています。募金をする支援の仕方もありますが、
私はペットと飼い主さんを救ってくれてるこちらの動物病院に、
物資の支援という形で協力したいと思ってます。
SNSを見ていますと日々刻々と変わる状況下の中で、治療に使う医療品も不足
されて大変窮地に陥っていましたが、西日本、東日本の心ある動物病院さんからの
協力で医療品の支援が届いてると知り、とても感動しました。
みんなで協力してこの窮地を乗り越えてこそ明日に繋がるんだと思います。

ペットも飼い主さんも終わりの見えない余震の続く中で、
一緒に避難できることは精神面でも安心できるのではないでしょうか。
ペットだって飼い主さんと一緒なら落ち着きを取り戻せることでしょう。

一匹の犬や猫を連れての避難さえ、行政のマニュアル通りになんていきません。
ましてや多頭飼いなら受け入れてくれる所はもっと難しいんじゃないかな。。。

地震大国に住んでる以上、この日本に安全な場所なんてないでしょう。
どこが大きく揺れてもおかしくない、明日は我が身です。
私は当地が被災規模の地震に見舞われたら、避難所に行くのは困難なので
家が倒壊しないかぎりは家にいるか、車の中か、のどれかかな。。。
どちらにしろ、全力で可愛い3ワンズを守りたいですね。

うちでは311の後、3ワンズの避難袋を作りフードはドライとウェットの2種類、
水、ペットシーツ、ケガした時の為の医療品、健康手帳に予防接種証明書、ブランケットなどを入れています。
持ち運ぶことが前提なので最低限の物だけにしてますが・・・
家にはペットシーツやフード、飲み水のストックも多めに常備するようにして
小まめにチェックしては新しいものとチェンジしてるんですよ。
ただ、家が倒壊したらダメなんだけどね。一応倒壊しないという前提で 
熊本地震で改めて見直したりもしました。


迷子札もつけてますが首輪の裏にも名前や連絡先を書いてます。
本当は鑑札も首輪につけなきゃいけないんだけど、つけてないわ

4/16(土)   横浜公園で開催されてる
「よこはま花と緑のスプリングフェア」にミトンと行ってきましたよ。


えっ?どうしてミトンだけって?
ソックスたちも連れていきたいところですが、人混みに行くし、ヘルニアでたくさん歩くのは無理があるので大事をとって娘とお留守番してもらいました。

今日は旦那は休日出勤で車ないし、
ミトンをスリングに入れてバスに乗って
行ってきたんです。

バスで横浜スタジアム前まで20分くらい
ですが、スリングの中で大人しくしててくれましたよ。

顔を出したがってたけど、
公共の場だからガマンしてね。

イメージ 1




横浜公園はたくさんの人で賑わって
ましたよ。
花と緑の~だけあって、色々な花の苗や
花のタネ、球根も売られてましたよ。


イメージ 2





人混みに圧倒されてる様子のミトンでしたが、せっかく来たのでチューリップと
コラボってもらいましたよ。

まわりが気になってカメラ目線はムリ
だったけどね~(笑)

イメージ 3



色とりどりのチューリップは本当に
キレイで、春爛漫って感じでした。
ひと口にチューリップといっても
色んな種類があるんですね~

イメージ 4



イメージ 5

スタジアム横にはチューリップのツリーがありましたよ~


たくさんの催し物も開催されてて、
大きな手作りのホルンを奏でる体験コーナーまでありました。

イメージ 6



思ってたほどワンコ連れはいなかったですね。
ちょうどお昼時で小腹も空いてきたので、横浜公園の横のバス通りを渡って
そのまま中華街北門から中華街へ。
テイクアウトの豚まんを買って、
山下公園で食べることにしました。


イメージ 7



山下公園も様々な花が咲いてて、
海を見ながらの散策にはピッタリの季節になりましたね。
氷川丸では何かのイベントをやっているようでしたよ。

私はベンチでそんな光景を見ながら、
ミトンと豚まんを食べました (笑)

ミトンと山下公園に来るのは、以前の
ワールドフードフェア以来だから、
2年ぶりくらいになるかな?
その時はソックスたちも一緒だったね。


芝生でお散歩♪
歩いてると汗ばむくらいでした。

イメージ 8




中華街では家族にもゴマ団子のお土産を
買いましたよ。


そろそろ帰ろうかと出口へ向かったら、
昔懐かしいアイスクリーム売りのワゴンを見つけました。
アイスクリーム売りワゴン、私が子供の頃からあるんですよね。
その頃は棒付きアイスだったなぁ~
今はどうなんだろう…
「へぇ~まだあるんだぁ~」って
懐かしくなりました。

横浜はアイスクリーム発祥の地ですからね、横浜の馬車道で日本で初めて
アイスクリームが売られたんです。
当時は あいすくりんと呼ばれていたようです。馬車道のガス灯の下で当時の人は
食べていたのかな。。。

ミトンもスリングに入って、
バスに乗る準備OKです。

イメージ 9




帰ってきたら、ミトンも疲れたんだね。
1人でハウスに入ってねんねしちゃいましたよ



今日はくぅの6回目の病院診察の日でした。
先週に続き、今日の病院も雨降りの中行って来ましたよ。


診察は9時からですが8:46に病院到着
すでに3人の患者さんが来ていました。
院長先生が診察中だったので待合室で待ってました。


イメージ 1



9時過ぎに診察開始

一通りのチェックをしましたがすべてOK 問題なしでした。
椎間板部位の痛みもないようでホッとしました。

診察室内を歩かせて歩行のチェック
くぅなりに弱い右足に負担がかからないように
気を付けながら歩いてますねって言われました。
上手くカバーしてるみたいだから大丈夫そうだね、
ということで
ゲージ生活終了の許可を頂きましたよ。


先生がゲージのストレスも相当あっただろうに
よく頑張ったね、ってくぅの頭を撫でながら
先生が顔を近づけたら
先生にKissしちゃいましたよ~(≧▽≦)
ありがとうの感謝のチュウだったのかな~


レーザー治療を受けながら
フリーにしてからの注意点などを伺って、
シャンプーやお散歩の許可も下りましたよ
お散歩は10分程度の短さから始めます



狂犬病がまだ済んでいなかったので
いつ頃ならできるかをお聞きしたら、
もういつでも大丈夫とのお言葉だったんで
「実は今日接種票持ってきてるんですけど・・・」
と言ったら、じゃあってことで
狂犬病のもその場で打ってもらいました。

今日でもしてもらえそうなら済ませてしまおうと
ダメ元で接種票持ってきていて良かったわ~
これで残すはフィラリア検査のみとなりました。

ソックス&ミトンはもうフィラリア検査も
済ませちゃったからあとはくぅだけだったんです。

と、いうことで・・・


イメージ 2


くぅちゃん、ヘルニア受診終了となりました~

パチパチ  パチパチ



みなさんには大変ご心配をおかけ致しましたが
元の生活を送っても大丈夫のお言葉をやっと頂くことができました。
元の生活といっても今しばらくは追いかけっこや
後ろ足立ちなど✖の項目もあるので
目を光らせる必要はありますが
完全にフリーな生活に戻れてくぅは喜んでいますよ。


帰宅後、1か月間お世話になった伸縮ゲージを
片付けてお掃除をしました。
ゲージを片付けてる時、そばにきたくぅが「うっしっしっ」と
ケンケンのように笑ってた気がしましたね
きっと笑ってたと思うなぁ~

↓こんな感じに♪
イメージ 3



NG事項もあるのでそれらを守りつつ
普通の生活に戻ろうと思います。







イメージ 4




今は白黒コンビで仲良く寝てます

イメージ 5




 

読んでいただき ありがとうございましたm(__)m

昨日はくぅの診察日、

朝から本降りの
雨降りだったから
くぅをカーゴハウスに入れて朝一で受診してきました。

カーゴハウスに入れても重すぎて

持ち運ぶのがしんどかったわ~




診察室に入ると毎回

怖さと緊張からプルプル震えだして

太い尻尾もオマタにINしたままで診察開始。


体重測定では減り続けていた体重が

少しずつ元に戻って増えてきていました。


後ろ足のナックリングチェック➡ OK

痛感のチェック➡          OK

股関節の動きのチェック➡      OK

歩行のチェック➡ ふらつきあるもOK


背中の痛みのチェックでは、

怖さと緊張から少しだけ痛みがありましたが、

レーザー治療で筋肉の緊張を和らげると

痛みが無くなることから

一時的な緊張からくるもので大丈夫と言われました。


経過は良好でしたので

治療予定通りにステロイドのお薬を

使わずにビタミン剤だけで様子見を

することになり、合わせて

歩行のリハビリを始めることになりました。


身体に歩く感覚を思い出させてあげる為に、

ゲージから出してフリーにして

歩かせる練習をすることになったんです。

走り回ったり、ガウガウのじゃれ合いは禁止ですが、

歩いて疲れたら休むができれば、

様子見しながらフリーにさせてもいいって

1日に何度かフリーにして歩かせることで、

身体が自然と歩く感覚を取り戻すように

なるので、ふらつきもなくなってくる

というお話でした。


くぅはゲージ生活がもうイヤで、

出たがってクンクン泣いたり

後ろ足立ちしてゲージから顔をだす行為も

最近頻繁にやりだしてきたんです。

でも、後ろ足立ちは椎間板に負担がかかる

ので気付くたびに止めさせていましたが、

やっぱり良くない行為のようです。







余談ですが、

診察の終わりに先生の横にこの春から

勤務する新人獣医さんが来て、

紹介してもらったのですが

前院長先生のお嬢さんで

亡き院長先生の意思を継いで

獣医さんになられたようでした。

前院長先生にはうちも2ワン時代に

とってもお世話になったんです。

獣医師としての経験も豊富で

日々勉強、が口癖の熱心な先生。

温厚な人柄もあり沢山の患者さんから

慕われている医師でした。

ガンと闘いながらも最期まで獣医師として

現場を大切にしていた先生

そんな父の背中を見てこられた娘さんですから

きっといい獣医師になられることでしょう。

これから期待したいです。







病院では診察中以外ずっと吠えてたくぅですが

家に帰るとさすがにお疲れモードで

ボーッとしたり、ウトウトしたり、



イメージ 1


ゲージから頭落として見るからに辛そうな姿勢で

爆睡しちゃいましたよ




イメージ 2





病院で指示された通りにゲージから出して

リハビリはじめようかね。


ゲージから尻尾ブンブン振って

嬉しそうにゆっくりと出てきました。

久しぶりだね~~♪




エッ、出ちゃってもいいの~??



イメージ 3


ホントにいいの~~??




イメージ 4



嬉しい反面、ちょっと久々なことで

ボク戸惑ってます、ってなお顔してましたよ



嬉しくて歩き回るのかな、って

思ってたけど

一番最初にしたことは抱っこして~

でしたよ。

身体は大きくても甘えん坊さん、

ずっと抱っこしてほしかったんだね。



ミトンが遊び相手のくぅが出てきて

嬉しさのあまり激しくジャレつくかと

心配だったけど

2ワンでくぅの臭いをクンクンしにきて、

「くっさー!!」と言わんばかりの顔するから

笑っちゃったの。

確かに洗濯機の汚れものコースに入れて

回したいくらいだけど (笑)


先生からシャンプーの許可が下りたら

くぅちゃんお風呂入ろうね~

登別の湯がいいかな、越後の湯にしようかな~

それとも乳頭温泉の湯にでもするかい?? (笑)



快気祝いに熱燗もつけるでしゅ~♪ 


イメージ 5




くぅがオッサン化してるでちね~♪ (⌒▽⌒)アハハ!



イメージ 6



ゆっくりリハビリ、頑張っています。
くぅ、完治までもう少し
頑張れ~\(^^)/

3月31日 胸椎ヘルニア4回目の受診記録です。




体重測定 ➡ 前回より-0.1g減
椎間板の痛みのチェック
後ろ足のナックリングのチェック
甲の反射のチェック
筋力のチェック
歩行チェック
*
*
*
すべてOK
*
*
*
前回までは右後ろ足のナックリングがありましたが
それが直って正常な状態に戻っていました~ 

歩行はできているものの
まだ右足に体重をかけるとふらつきがみられ、
長く立たせようとすると右足が弱い為に
疲れてしまい 座り込もうとするものの
発症から2週間経過した割には 順調に回復してると
言われました




軽度のヘルニアの場合、1か月間は安静にするのが基本的なので
その4週間の中で正常な状態に戻れば
心配はいらないそうです。
今のくぅも先生の予想では4週あれば大丈夫でしょう、
という見解でいますという答えに 
ε-(´∀`*)ホッ




そして状態もいいので次のステップに進みましょう、
ということで
今週はステロイド薬の投与を1日おきにすることに。
それで状態を様子見して良ければ、
その次の週は投薬なしでまた1週間様子見して
良ければ通院は完了、という風に考えていますと
院長先生は話されてました。




レーザー治療をしている時もリハビリを兼ねて
自立させながら施術しつつ、
再発についての注意点やこちらの些細な質問などの
話をして終了。


くぅはミトンといつも激しいほどのじゃれ合いを
するので、再発防止の為にもさせない方がいいのか
と聞いたら、「それは性格もあることですからねぇ~」
と苦笑いしつつ、多頭飼いだとある程度は仕方ないことなので
ムリな体勢にさせないよう注意すれば大丈夫でしょう、
ということで完治後は気を付けて見てないとね。



病院では相変わらず野太い声でワンワンしてたせいか
帰宅後はお疲れモードでウトウトしだして・・・
そんなに疲れるほど吠えまくらんでもいいのにねぇ~
くぅは身体が大きいから声もすごく大きいの


イメージ 1

またベロ出ちゃってますよって、
いつものことだったね 



ソックスたちもオネムモードが伝染したのか、
洗いたてのふかふかソファーベッドで
ネンネタイム。




ソックスは入念にホジホジして寝床を作り・・・



イメージ 2



ホジホジ、クンクン・・・





イメージ 3


そしてやっと満足したみたいでネンネしました



イメージ 4


くぅは順調に快復に向かってくれています。
予定通りに進めば4月中旬くらいには、
完治してゲージ生活から解放できるかも
しれませんのであと少し辛抱して
もらおうと思います。


このページのトップヘ