~ Happy.Smile.Life~☆私の宝物 ☆

ダックス3ワンズを中心にいろんなお話をゆるゆると書いてます。 のんびり、ゆっくり★my life (^^♪

2015年02月

2/28の記録です。



ソックスの術後検診があり、医療センターへ行ってきました。


イメージ 2





イメージ 3





まずは診察台に乗って体重測定 → 5k

自立させたり、足の動きや関節のチェック、

足の指の間をつねって 痛感チェック、

床に降ろして、両足の動きのチェック、

脊椎のあたりを指圧して痛みがないかのチェック、



立ち上がる仕草を見せるようになってきたソックスですが、

リハビリの屈指運動をする時も右足をいつもピーンと伸ばしたままが

多くて、気になっていたんです。

でも右足は膝のお皿が動きやすいと前回指摘されていたから、

そのせいもあるのかなぁ…とは思ってはいたんですが…



後遺症の検査では、 足を伸ばしたり、
縮めたりする神経の伝達が

上手くできていない可能性がある

かもしれない事が分かったんです。



イメージ 4





イメージ 5






椎間板ヘルニアは髄核が飛び出す事で脊髄を圧迫してしまう病気ですが、

脊髄には無数の細い神経が束になって流れていて、

その神経の束を髄核が
圧迫することで 自立歩行が出来なく

なったり、自力排泄ができなくなる

などの様々な障害を引き起こしてしまいます。


飛び出した髄核が大きいか、小さいか、
によって症状は様々です。

軽いものなら内科的治療で良くなりますし、

手術となった場合でも、小さければ術後すぐにでも立ち上がる

事もできるし、排泄もできますが、

大きいと神経へのダメージもそれだけ大きいので、なかなか快復しない、

自立歩行や自力排泄もできず寝たきり

となってしまう場合もあります。



イメージ 1






ソックスの場合はMRIでも髄核が

大きくキノコ状に飛び出していたので(タイプ1)

髄核の前後の神経がダメージを受けて

影が写っているのが見えました。

その影が頚椎から頭部の方へと拡がると、「 脊椎軟化症 」という生死に

関わる恐ろしい病気を引き起こします。

ソックスもその危機がありましたが、

幸いにも免れて大事に至らずに済みました。

でも、神経へのダメージが大きかった事により、

右足を縮めたりする神経の
伝達に障害が起きているらしい事が

分かったんです。

更に詳しく調べるには またMRIを撮る必要が出てくるので、

今は
リハビリを続けて様子見をして

半年後も変わらずならMRIを撮ることになりました。



一般的に術後半年間が快復期で、
半年を過ぎると難しくなるそうです。

もしも半年後も今の状態と変わりばえしなければ、車椅子も視野に入れて

考えた方が良いと言われてしまった…

でも、車椅子を使うことでお散歩も快適にできるならそれでもいいか…



それとは別に、

一昨年の夏、お散歩中に歩き方が

おかしくなって受診したら

「 ヘルニアの疑い」を指摘された腰のあたり…

その時は内服薬で様子見したけど、

MRIにはしっかり待機中のような状態で写っていました。

髄核の色もまだ変色していないので

現時点では大丈夫そうでしたが、

それもいつ飛び出すか、予備軍なのでヒヤヒヤものです。




先ずはリハビリを続けて、やれるだけの努力をしてみよう!!

もしかしたら、右足引きずるような

形でも歩けるようになるかもしれないから、望みはまだあるから

諦めずにやれるだけやろう。。。



今は泣いてる場合じゃないんだ。

生きてさえいてくれれば、どんな結果が出ようとも

それを受け入れよう。





イメージ 6






先生が思ってたようには快復して

いなかったようで渋い顔されてたけど、

まだ もう歩けません、と言われた訳

ではないので、飼い主が諦めたり、

ショック受けたりして落ち込んだり

するのだけは しないでいよう…




桜が咲く頃までには間に合わなくても、

きっと夏がくる頃までには

今よりも更に良くなっていると

信じていたい。

ソックスだって諦めてないから、

例え、障害が残っても全部受け止めて

あげるから、安心してね。





椎間板ヘルニアになりやすい犬種は、

ダックスやコーギーなどの胴長短足系、

ビーグル、トイプードル、ヨークシャーテリア、

柴犬、パピヨン、などがいるそうです。

ダックスの場合は遺伝も関与していて、

先天性のものは比較的若い年齢での

発症が多く、(3歳までに)

後天性の場合はやはり加齢や肥満などの

理由も加わり、

5歳以降~発症しやすくなります。



ジャンプ、階段の昇降、走り回る、

引っ張りっこ遊び、など

脊椎に負担がかかる動作で 髄核が

飛び出しやすくなり、

よく吠える仔の場合は頚椎への負担が

かかりやすくなることから、

全体の30%の確率で 頚椎ヘルニアを

発症するそうです。



遺伝ばかりは防ぎようがないけど、

ちょっとでも様子がおかしかったら

大丈夫って歓楽視せず、すぐに受診して下さいね。

 

2月22日の記録です。


 
昨日はよく晴れて穏やかな1日でしたが、今日は朝から冷たい雨降り。

昨日シャンプーしといてよかったぁ~

我が家はかかりつけ医が2軒あるのですが、前回ソックスのトリミングをしていただいたH病院。

薬浴もしてカットもしてくれて良かったんですが、薬浴の匂いがね~

チョット薬臭が強くて・・・それに新しいトリマーさんの技量もイマイチで・・・

う~ん、次回どうしよう。。。というのが課題として残ったんですよ。

そこでもう1つの近所にあるT病院にトリミングしてもらえるか相談してみました。

足が不自由だから断られちゃうかな、って心配だったんですが、

OKをもらえたので、21日に予約を入れました。

背中の手術した部分だけがどうしても禿げてるように目立っていたので、

傷口も綺麗になってるからそこに合わせるように全体的に短くカットしてもらいました。

T病院は先生がカットもしてくれるので今回は綺麗な仕上がりでよかったわ~

指定は何もしていなかったけど、薬浴の代わりにマイクロバブルのお風呂に

してくれて、料金もH病院よりも安かったの。

シャンプーの匂いもとっても良くて、次回もこちらでお願いしようと思います。

最近、タイミングが合えば、トイレに連れて行き号令かけると

前までのようにチッコやをしてくれるようになってきたの。

少しずつでも前のような生活スタイルを取り戻そうね。

毛も短くなったからこれで排泄時に汚れなくなるね。

 
イメージ 1


ソックスがお留守の間、ミトンとくぅもおうちシャンプーをしました。

母が洗って、長女と次女で拭き拭きしてドライヤーも担当してもらっちゃった。

次女の上で伸びてドライヤー 女王様気分だね~ o(*^▽^*)o

ミトンは貧毛だからすぐ乾く (笑)

オバケだじょ~のお手手が なんとも可愛い ゜+・(о´▽`о)゜+・

 
イメージ 2

くぅもふわふわになったよ。

くぅの毛は直毛だから乾くのも早くて楽チンです。

乾かしてからファーミーネーターでとかすと、ビックリするほど大量に毛が取れる、取れる。

禿げちゃうんじゃないかって思うくらいに取れるのよね~ (笑)

 
イメージ 3


3ワンズ すっきりんこになりました。

イメージ 4



我が家は只今、風邪が蔓延中!!   貰うのも時間の問題かも!?

イメージ 5




アニコムに手術内容証明書と共に提出してた保険金ですが、

PCでマイページを確認すると 保険請求完了になっていて、

金額などのお知らせがなかったので 通帳記帳をしましたところ、

保険金25万円が戻ってましたぁ~ 


ダメ元で請求しておいて良かったです。

我が家は50%保障タイプに入っていて、正確には半額は戻らなかったものの

戻っただけ満足です

転ばぬ先の杖じゃないけど、うちにお迎えした時から 御守り代わりに入ってたので

本当によかったと今回はしみじみ感じました。





2月20日の記録です。



 お天気の良い穏やかな日には、ソックスをカートに乗せてのお散歩が

日課になってる 今日この頃です。



カートでのお散歩が楽しみの1つになってきているので、気分転換も兼ねて

外へ連れ出していますが、カートに乗ってるワンコが珍しくない

地域とはいえ、やはりカートでお散歩となると好奇な目で見られることが

あり、「何故、歩かせないのか」「過保護だろう」と、偏見をわざわざ

寄ってきて言われる方がいて、「病気で歩けなくなってしまい 今は

リハビリ中なんですよ。」と言えば

納得してくれる人もいますが、同じ愛犬家でも理解力のない方もいて

そんな方に決まって、しつこく聞いてこようとするの。

正直、ほっといてほしい!と思う事もあって話してるだけで疲れます




この間もご近所の犬飼ってる方に、
治療費払うくらいなら新しい子買った

方が安上がりじゃないって。

カチン!ときましたが、ご近所故にそこはグッとこらえて、でも命には変え

られませんから。とだけ言いましたが、

内心メッチャ腹立たしかったです。同じ土俵の上には立ちたくないですね。




愚痴ってしまい、すみません。

話を元に戻して、

この日もお日様に誘われて、前によく行った山頂公園まで足を延ばして

行きました。



イメージ 1





住宅街を抜けると、山頂公園の入口が見えてきました。


イメージ 2




お昼の時間帯だったせいか人もなく、日差しも暖かでしたよ。



イメージ 3





イメージ 4





ここから登り坂

関節リウマチで膝痛のある私にはカート押して登るのは、膝にきました。

でも登ると見晴らしがいいんですよ~


石畳みの坂道でカートはガタガタと振動がきてて、ソックスはチョット

びっくりだったみたい 



イメージ 5




イメージ 6



山頂のレストハウスが見えてきました。

いつものように、レストハウス上の見晴らし広場へ行きました。

誰もいなくて 独り占めだったね。



イメージ 7




正面には ベイブリッジ

右手は海側、向かいの千葉県の木更津も遠くに見えました。




芝生の上に下ろしてみたら、いつものように風を感じたり、

クンクン探検隊になったりしてました。


イメージ 8





イメージ 9





まだ歩けないけど、あっちこっちと探索を楽しんでましたよ~ ♪

1時間近く遊んだので帰ることにして、

花壇に咲いてた春の花たちとハイポーズ してみたけど、

お顔にお疲れが見えるかな。。。

イメージ 10





の蕾も色づきはじめてました。

来月末には咲くのかなぁ~楽しみですね~☆




2月4日の記録です。




先月の下旬あたりから早くも花粉をキャッチしたのか、鼻レーダーが反応しはじめていて、

花粉症の私には辛い2月がやって参りました 


さて、そんな憂鬱な気分を パッと明るくしてくれたのが我が家の王子・ソクちゃん 

日曜日あたりから 立ち上がろうとする仕草を何度か見かけるようになってきたんですよ。

まだまだ足の筋力が弱くて立ち上がるまでには至りませんが、

それでも後ろ足を突っ張らせて自力でお尻を浮かせることが出来るようになったの。

身体を支えてバランスがとれれば、普通に立つことも数秒間ですができるように

なってきたんです。

そんな一生懸命な姿に、「ボク、立って歩きたいんだ」って気持ちがひしひしと伝わり

ちょっとウルウルしちゃいました。(*^。^*)

実は、、、先週トリミングをしてもらったかかりつけ医に診察の時、

術後1ヵ月が過ぎたのに回復が遅いから、この先車椅子も視野に入れて考える必要が

あるかも・・・とか、足の甲を丸めたまま歩くようになるかもしれない・・・など、

飼い主にとっては不安になる言葉を言われたんです。

でも、24日に行った医療センターの松永先生からは、

神経へのダメージが大きかったので回復はゆっくりですが、歩きにつながる兆候も

でてきたので時間はまだかかるけど歩けるようになる、と言われていたし、

また足の甲についても、丸める状態は最後の最後まで残りやすいけど心配はいらない。

と言われてホッとしていただけに、たった1週間で獣医師による見解が

こんなにも違うことにちょっと不安だったんですよ。

飼い主から見ても1週間で悪くなってる風にも見えなかったから、尚更

どっちの先生の言ってることが正しいのだろうかと・・・

でも、手術からその後の経過まで見てきた松永先生の言うことの方が間違っていないと、

そう思ってきたので、今回のソクちゃんの立ち上がりの兆しを見て少し安堵しました。



前記事でパッドがズレてしまいやすいことについて、色々なアドバイスを

ありがとうございました。

ワンコの介護は初めての経験で試行錯誤するばかりでしたので、アドバイス参考に

なりました。

色んなお店を見て廻った末、100均のセリアで「これは代用できるかも~♪」という

便利グッズをいくつか買ってきて試してみました。


その結果見た目的には悪いけど、 医療用のサポーターでパッドの上からクルリと巻けて

マジックテープで止められる品物を今、代用しています。

伸縮性素材なのでパッドを押さえるのに長さ調整もできるし、マジックテープで簡単に

止められてズレる心配もなくなりました。


そして防寒対策に着せる服ですが、子供用の腹巻をそのままだと脱げてしまうので

赤ちゃんの便利グッズ よだれかけホルダーを使い、腹まきを止めることにしてみました。

袖を通す服があまり好きじゃないソックスもこれなら胴体だけで済むからOKみたい 

よだれかけホルダーはヒモの部分がゴムなので苦しくないようになってます。

朝になっても脱げないし、腹巻もマシュマロみたいにフワフワなので

「♪あったかいんだから~♪」 だといいなぁ~ (笑)


でも、パッドを押さえるサポーター、

写真で見るとバカボンのパパの腹巻っぽく見えてくる~~ ヾ(^▽^*おわっはっは!!

数秒間だけど立ってるでしょう! 慌ててiphoneで撮ったのよ~






イメージ 1



買い物に行くたびに目にするもの、ソックスの何かに使えるかしら・・・と

そんな風に見てしまうようになりました。

やっぱり可愛い我が子のことを ついつい考えちゃうよね。





リハビリの肉球マッサージ、

毎日続けてるものだから最近は足を触られるのも嫌がりだして逃げるの。

この日もリハビリボイコットして毛布に隠れてふて寝してる。

毛布から見えてる可愛いあんよを モミモミ、モミモミ、モミモミ、

引っ込めてもモミモミ・・・

しつこい母ちゃんでごめんよ~ でも今が大事な時だから頑張ろうね~

きっと、春は少しずつでも 近くにきてるはずだから。。。





イメージ 2











余談ですが、本屋さんで見かけたので思わず買っちゃいました。

その名も 「おかんメール」



イメージ 3





あまりの面白さに吹き出して大笑いしてたら、o(*^▽^*)o ゲラゲラゲラ

それを見た娘が一言 「ママちゃんも似たようなメール送ってくるよ」

だって!! ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノマジ!?

オバちゃんって、かわいい生物ってことでお許しを~~~

このページのトップヘ