~ Happy.Smile.Life~☆私の宝物 ☆

ダックス3ワンズを中心にいろんなお話をゆるゆると書いてます。 のんびり、ゆっくり★my life (^^♪

2015年01月

1月11日の記録です。



嬉しいお知らせです!


今日、病院の院長先生から

明日 退院できます! と言われたの

メッチャ嬉しい~~~(^^♪



リハビリには数ヶ月単位でみないと

いけませんが、歩けるようになります

と言ってもらえて嬉しかったぁ~



「 ソックス君はのんびりおっとりな子なので、
 
快復ものんびりみたいですが、少しずつでも前に進んでるから

大丈夫ですよ、」って言われたの 

本当に嬉しくてホッとしました。



看護士さんから介護の色々なアドバイスや、必要な物も聞いたので、

帰り道にホームセンターに寄って介護の為の物を色々と購入してきた。

家に着いてからソックス用に

伸縮ゲージを組立ててゲージの床に

滑り止めマット敷き詰めて、

シールで固定するトイレシーツ広げて、

オムツも準備したし、これで明日の朝1番に迎えに行ける。

朝1番で行ったら、ソックスびっくりするかなぁ~ 



ソックスが帰ってくるのが待ち遠しくて

ルンルン♪しちゃう




またご報告しますね~☆


 

1月7日(水) の入院記録です。
 

 
いつものように手作りご飯とオヤツ(鹿肉のミニ・ジャーキー、カットりんご)
 
を用意して &  を乗り継いで1時間半かけて行ってきました。
 
いつも面会に行くと、主治医の院長先生が今朝までの状態を報告して下さいます。
 
それによると、嬉しいことが3つも!! 
 
 
 
1つ目は昨日から病院食を完食できるようになったんです♪♪
 
いつも鼻先でつつくだけで食べようとしなかったのに、入院生活に慣れてきたのか
 
しっかり療養食を食べ、しかもイイ子に完食するようになったなんて嬉しい!!
 
院長先生も食べてくれるようになって 1つクリアできましたねって、
 
ニコニコ顔で話してくれました。  よかった~
 
 
 
2つ目は、
 
ソックスはリハビリが術後2日目から始まっていたんですが、
 
麻痺もあるけどそれ以上に 本人の歩こうとする意思がないままだったんです。
 
なのでリハビリをしても本人の気持ちもあってなかなか・・・
 
それが今日からは「歩きたい!!」っていう明確な意思が
 
表れるようになってきたんですって♪
 
先生も、「人のリハビリもそうですが本人の意欲があるか、無いか、はすごく大事。
 
歩こうとする意思がでてきたことは、今後にいい影響を与えてくれますね。」って。
 
ソックス、すごいじゃん、えらいね~ ガンバレ~
 
 
もう、嬉しくなっちゃいました。
 
まだ介助なしでは立てないけど、肉球も床にしっかりとつけて踏ん張ってる姿も
 
見ることができたんです。
 
足の甲が床についたのを直そうとする力はまだ弱いけど、それでも足先にに力が入るから
 
本人なりに元に戻そうとしてるみたい。神経は生きてるって証ですよね。
 
 
 
 
 
さらにさらに3つ目は、
 
自力排泄が困難で導尿カテーテルをつけてたソックスが、オムツになってたの。
 
先生が様子をみているかぎりでは、自分の意思で排尿しているようだったので
 
昨日からオムツに変えたんだそうです。
 
まだ膀胱に溜まったおしっこを全量出すことはできていないけど、
 
おしっこを出せるってことは脊椎の神経が伝達信号をちゃんと送ってるって事だから、
 
足同様に時間をかければトイレシーツで普通におしっこも出来るようになっていくでしょう。
 
って言われて、メッチャ嬉しかった~ (^^♪
 
出し切れずに膀胱に残ってるおしっこは、そのままにしておくと膀胱炎になる可能性が
 
あるので看護士さんがこまめにチェックして、圧迫排尿で出してるそうですが、
 
ソックス圧迫排尿をされることを拒むようになってきているらしく、
 
それもとてもいい兆候なんだそうです。
 
何故なら、今までは膀胱におしっこが溜ってる感覚がないままだったので
 
されるがまま抵抗すらなかったのが、
 
「ボク自分で出せるよ、おしっこできるよ」っていう感覚が出てきたので
 
触らないでよ、とか、膀胱押されて違和感でヤダ! っていう意思が表れてた証拠で
 
これはいいことなんですよって、看護士さんが話してくれました。
 
 


以前、院長先生からも脊髄の神経伝達ができるか、できないかで、
 
今後の後ろ足を動かすことや、排尿できるかも決まってしまう。
 
ダメージがあまりに強すぎるとうまく伝わらないままになり
 
麻痺のままだったり、排尿ができない、って悪い事態を招く事があると
 
言われていただけに、
 
神経が生きて通ってるってことが分って すごーくホッとしたの。(#^.^#)
 
 
 
 
たとえ多少の麻痺が後遺症として残ってしまったとしても、
 
今までどおりの犬らしい生活を送らせてあげたい。
 
まだまだ6歳、歩けなくなってしまうにはあまりにも早すぎる。
 
だから決して諦めない。
 
ゆっくりでも時間はたっぷりあるから、焦らずにソックスのリズムで
 
リハビリ頑張ればいいよね。
 
 
 
みなさんから届けられた元気玉のパワーの威力が
 
こんないい形になって表れてくれて、すごく嬉しいです。
 
元気玉ってすごいわぁ~~~
 
やる気を見せてくれたソックスもえらいよね~
 
点滴もカテーテルも取れて身軽になりました。
 
オムツ姿が仔犬ちゃんみたいでかわいい~って、ここでも親バカですね。
 
ソックスの体重も、5.4㌔→5.1㌔と痩せちゃいましたが、
 
ベスト体型でいいと思いますよって、看護士さんに褒めていただきました。
 
ソックス担当の看護士さん、とても優しい方で飼い主さんが凹まないように
 
いつも気遣ってくれるんです。ソックスにも優しくて有難いかぎりです。
 
私もこの年末年始で-4㌔落ちましたが、
 
まさかこんな形で落ちるとは思ってもみませんでした。。。
 
 
 
長女に抱かれて嬉しそうなソックス
 
イメージ 1
 
 
 桜が咲く頃にはお弁当もって、3ワンズみんなで見にいきたいね~
 
今は辛くても乗り越えられない試練なんてないと思い、頑張ろうね!!
 
 
 
 
 
こちらの高度医療センターは、ここ以外に分院が名古屋にもあります。
 
お友達のブロ友さんのコタくんは福岡在住なんですが、名古屋まで行って
 
ヘルニアの手術を受けて今はとても元気にしています。うちもあやかりたーい!!
 
高度医療センターがもっと普及してくれたら、助かる命がもっと増えることでしょう。
 
 
こちらのセンターの駐車場は12~3台のスペースがありますが、やっぱり他県ナンバー
 
の車がとても多くて、宮城、群馬、宇都宮、昨日は青森ナンバーも停まってました。
 
皆さん遠くからでも家族を助けたい一心で来られているんですよね。
 
藁をもつかみたい気持ち、私もそうだったのでよく分かります。
 
24時間年中無休で受け入れてくれるのは、飼い主さんにとっては本当に有難いかぎりです。
 
健康が1番なのは人も動物も同じですが、病気ばかりは時を選びません。
 
緊急時に診てくれる病院があるって心強いですよね。
 
今回は本当に実感しました。


 

このページのトップヘ