~ Happy.Smile.Life~☆私の宝物 ☆

ダックス3ワンズを中心にいろんなお話をゆるゆると書いてます。 のんびり、ゆっくり★my life (^^♪

気ままにのんびり my life blog ☆



今日はくぅの6回目の病院診察の日でした。
先週に続き、今日の病院も雨降りの中行って来ましたよ。


診察は9時からですが8:46に病院到着
すでに3人の患者さんが来ていました。
院長先生が診察中だったので待合室で待ってました。


イメージ 1



9時過ぎに診察開始

一通りのチェックをしましたがすべてOK 問題なしでした。
椎間板部位の痛みもないようでホッとしました。

診察室内を歩かせて歩行のチェック
くぅなりに弱い右足に負担がかからないように
気を付けながら歩いてますねって言われました。
上手くカバーしてるみたいだから大丈夫そうだね、
ということで
ゲージ生活終了の許可を頂きましたよ。


先生がゲージのストレスも相当あっただろうに
よく頑張ったね、ってくぅの頭を撫でながら
先生が顔を近づけたら
先生にKissしちゃいましたよ~(≧▽≦)
ありがとうの感謝のチュウだったのかな~


レーザー治療を受けながら
フリーにしてからの注意点などを伺って、
シャンプーやお散歩の許可も下りましたよ
お散歩は10分程度の短さから始めます



狂犬病がまだ済んでいなかったので
いつ頃ならできるかをお聞きしたら、
もういつでも大丈夫とのお言葉だったんで
「実は今日接種票持ってきてるんですけど・・・」
と言ったら、じゃあってことで
狂犬病のもその場で打ってもらいました。

今日でもしてもらえそうなら済ませてしまおうと
ダメ元で接種票持ってきていて良かったわ~
これで残すはフィラリア検査のみとなりました。

ソックス&ミトンはもうフィラリア検査も
済ませちゃったからあとはくぅだけだったんです。

と、いうことで・・・


イメージ 2


くぅちゃん、ヘルニア受診終了となりました~

パチパチ  パチパチ



みなさんには大変ご心配をおかけ致しましたが
元の生活を送っても大丈夫のお言葉をやっと頂くことができました。
元の生活といっても今しばらくは追いかけっこや
後ろ足立ちなど✖の項目もあるので
目を光らせる必要はありますが
完全にフリーな生活に戻れてくぅは喜んでいますよ。


帰宅後、1か月間お世話になった伸縮ゲージを
片付けてお掃除をしました。
ゲージを片付けてる時、そばにきたくぅが「うっしっしっ」と
ケンケンのように笑ってた気がしましたね
きっと笑ってたと思うなぁ~

↓こんな感じに♪
イメージ 3



NG事項もあるのでそれらを守りつつ
普通の生活に戻ろうと思います。







イメージ 4




今は白黒コンビで仲良く寝てます

イメージ 5




 

読んでいただき ありがとうございましたm(__)m

昨日はくぅの診察日、

朝から本降りの
雨降りだったから
くぅをカーゴハウスに入れて朝一で受診してきました。

カーゴハウスに入れても重すぎて

持ち運ぶのがしんどかったわ~




診察室に入ると毎回

怖さと緊張からプルプル震えだして

太い尻尾もオマタにINしたままで診察開始。


体重測定では減り続けていた体重が

少しずつ元に戻って増えてきていました。


後ろ足のナックリングチェック➡ OK

痛感のチェック➡          OK

股関節の動きのチェック➡      OK

歩行のチェック➡ ふらつきあるもOK


背中の痛みのチェックでは、

怖さと緊張から少しだけ痛みがありましたが、

レーザー治療で筋肉の緊張を和らげると

痛みが無くなることから

一時的な緊張からくるもので大丈夫と言われました。


経過は良好でしたので

治療予定通りにステロイドのお薬を

使わずにビタミン剤だけで様子見を

することになり、合わせて

歩行のリハビリを始めることになりました。


身体に歩く感覚を思い出させてあげる為に、

ゲージから出してフリーにして

歩かせる練習をすることになったんです。

走り回ったり、ガウガウのじゃれ合いは禁止ですが、

歩いて疲れたら休むができれば、

様子見しながらフリーにさせてもいいって

1日に何度かフリーにして歩かせることで、

身体が自然と歩く感覚を取り戻すように

なるので、ふらつきもなくなってくる

というお話でした。


くぅはゲージ生活がもうイヤで、

出たがってクンクン泣いたり

後ろ足立ちしてゲージから顔をだす行為も

最近頻繁にやりだしてきたんです。

でも、後ろ足立ちは椎間板に負担がかかる

ので気付くたびに止めさせていましたが、

やっぱり良くない行為のようです。







余談ですが、

診察の終わりに先生の横にこの春から

勤務する新人獣医さんが来て、

紹介してもらったのですが

前院長先生のお嬢さんで

亡き院長先生の意思を継いで

獣医さんになられたようでした。

前院長先生にはうちも2ワン時代に

とってもお世話になったんです。

獣医師としての経験も豊富で

日々勉強、が口癖の熱心な先生。

温厚な人柄もあり沢山の患者さんから

慕われている医師でした。

ガンと闘いながらも最期まで獣医師として

現場を大切にしていた先生

そんな父の背中を見てこられた娘さんですから

きっといい獣医師になられることでしょう。

これから期待したいです。







病院では診察中以外ずっと吠えてたくぅですが

家に帰るとさすがにお疲れモードで

ボーッとしたり、ウトウトしたり、



イメージ 1


ゲージから頭落として見るからに辛そうな姿勢で

爆睡しちゃいましたよ




イメージ 2





病院で指示された通りにゲージから出して

リハビリはじめようかね。


ゲージから尻尾ブンブン振って

嬉しそうにゆっくりと出てきました。

久しぶりだね~~♪




エッ、出ちゃってもいいの~??



イメージ 3


ホントにいいの~~??




イメージ 4



嬉しい反面、ちょっと久々なことで

ボク戸惑ってます、ってなお顔してましたよ



嬉しくて歩き回るのかな、って

思ってたけど

一番最初にしたことは抱っこして~

でしたよ。

身体は大きくても甘えん坊さん、

ずっと抱っこしてほしかったんだね。



ミトンが遊び相手のくぅが出てきて

嬉しさのあまり激しくジャレつくかと

心配だったけど

2ワンでくぅの臭いをクンクンしにきて、

「くっさー!!」と言わんばかりの顔するから

笑っちゃったの。

確かに洗濯機の汚れものコースに入れて

回したいくらいだけど (笑)


先生からシャンプーの許可が下りたら

くぅちゃんお風呂入ろうね~

登別の湯がいいかな、越後の湯にしようかな~

それとも乳頭温泉の湯にでもするかい?? (笑)



快気祝いに熱燗もつけるでしゅ~♪ 


イメージ 5




くぅがオッサン化してるでちね~♪ (⌒▽⌒)アハハ!



イメージ 6



ゆっくりリハビリ、頑張っています。
くぅ、完治までもう少し
頑張れ~\(^^)/

3月31日 胸椎ヘルニア4回目の受診記録です。




体重測定 ➡ 前回より-0.1g減
椎間板の痛みのチェック
後ろ足のナックリングのチェック
甲の反射のチェック
筋力のチェック
歩行チェック
*
*
*
すべてOK
*
*
*
前回までは右後ろ足のナックリングがありましたが
それが直って正常な状態に戻っていました~ 

歩行はできているものの
まだ右足に体重をかけるとふらつきがみられ、
長く立たせようとすると右足が弱い為に
疲れてしまい 座り込もうとするものの
発症から2週間経過した割には 順調に回復してると
言われました




軽度のヘルニアの場合、1か月間は安静にするのが基本的なので
その4週間の中で正常な状態に戻れば
心配はいらないそうです。
今のくぅも先生の予想では4週あれば大丈夫でしょう、
という見解でいますという答えに 
ε-(´∀`*)ホッ




そして状態もいいので次のステップに進みましょう、
ということで
今週はステロイド薬の投与を1日おきにすることに。
それで状態を様子見して良ければ、
その次の週は投薬なしでまた1週間様子見して
良ければ通院は完了、という風に考えていますと
院長先生は話されてました。




レーザー治療をしている時もリハビリを兼ねて
自立させながら施術しつつ、
再発についての注意点やこちらの些細な質問などの
話をして終了。


くぅはミトンといつも激しいほどのじゃれ合いを
するので、再発防止の為にもさせない方がいいのか
と聞いたら、「それは性格もあることですからねぇ~」
と苦笑いしつつ、多頭飼いだとある程度は仕方ないことなので
ムリな体勢にさせないよう注意すれば大丈夫でしょう、
ということで完治後は気を付けて見てないとね。



病院では相変わらず野太い声でワンワンしてたせいか
帰宅後はお疲れモードでウトウトしだして・・・
そんなに疲れるほど吠えまくらんでもいいのにねぇ~
くぅは身体が大きいから声もすごく大きいの


イメージ 1

またベロ出ちゃってますよって、
いつものことだったね 



ソックスたちもオネムモードが伝染したのか、
洗いたてのふかふかソファーベッドで
ネンネタイム。




ソックスは入念にホジホジして寝床を作り・・・



イメージ 2



ホジホジ、クンクン・・・





イメージ 3


そしてやっと満足したみたいでネンネしました



イメージ 4


くぅは順調に快復に向かってくれています。
予定通りに進めば4月中旬くらいには、
完治してゲージ生活から解放できるかも
しれませんのであと少し辛抱して
もらおうと思います。


このページのトップヘ